オンリーファンズの安全が担保されている3つの理由【リスクの理解も重要】

 

OnlyFansの運営会社が信頼できる3つの理由【新しく生まれ変わる】

続きを見る

オンリーファンズが安全な3つの理由

OnlyFans が安全な理由を、ユーザー(購読者&クリエイター)が気になるであろうポイント3つに絞って解説します。

 

1、安全対策のための機能は充実してる

OnlyFans のアカウント内では、さまざまな安全対策を行える。

 

  • 人&国をブロック
  • パスワード強化や2段階認証でのログイン
  • コンテンツ盗用対策

 

コンテンツ盗用対策については専属エージェントを配置しており、サポート面も充実している。

 

2、さらに、金融情報セキュリティが高い

支払いに関することは、専門の決算サービスを利用することで、さらなる安全とセキュリティを確保している。

 

オンライン決算では、3Dセキュアのクレジットカードが採用されており、これにより、認証作業を追加して身元確認をする必要があるため、不正利用の防止となる。

 

3、そして、個人情報は暗号化される

OnlyFans に入力された個人情報は、すべて暗号化され保護される。正当な受信者のみがデータの解読ができる。

 

How does OnlyFans protect personal data?

We safeguard our systems to protect personal data. Those safeguards include encrypting the sensitive personal data (個人情報は暗号化される)we store, backing up personal data, and testing the effectiveness of our safeguards. While we strive to protect all personal data, we do not make guarantees, including about the security of how you provide your data to us. 

OnlyFansのポリシー

 

*ちなみに、最後の文に「すべての個人情報の保護に努めているが、守りきれる保証はない」とも表記されている。OnlyFans もできることに注力しているとはいえ、最終的には自分の身は自分で守ろうってことだ。

 

こんな感じで、ユーザーにとって気になるポイントに絞って解説をすると、この3つとなるだろうか。OnlyFans が安全に注力している事実は知れたが、当然、リスクがないわけではない。考えられるリスクについて下記で解説をする。

 

オンリーファンズは安全、でもリスクの理解も

考えられるリスクは以下の通り。

 

1、ストーカー被害

一部のクリエイターは、ストーカー被害の報告もある。個人情報の投稿や、所在地がバレる撮影は避けた方が良さそうだ。

 

2、チャージバック

チャージバックとは、クレジットカード会社に対して返金をすること。OnlyFans が返金に対応していないから。

 

ファンが、チャージバックをすると、負担するのはクリエイターとなる。当然、不当なチャージバックは、アカウント停止のリスクもあるので、気をつけたい。

 

3、著作権侵害

著作権侵害は完全に防ぐことは難しいことから、事前の対策や、侵害された後の対策の理解が重要となるであろうか。

 

一応、OnlyFansでは著作権侵害の「予防対策」だったり「侵害された後のサポート体制」は整えられている。下記で解説あり。

 

4、データ侵害

暗号化されているとはいえ、ハッキングもいつでも起こりうること。

 

データ侵害の例1:FaceBook

過去、FaceBookは、何度もハッキングで犯されてきた。

  • 2005:7万人分のユーザーデータ流失
  • 2013:600万件アカウント侵入
  • 2014:ケンブリッジ・アナリティカ問題
  • 2019:6億件のパスワード流失
  • 2019:5億件の記録にアクセスされる
  • 2019:追加で4億件にアクセス
  • 2019:3億件のダークウェブ
  • 2021:5億件のアカウント流出

引用:Facebookハッキング歴

 

データ侵害の例2:MacBook

発売当初は「ウィルスにかからない唯一のパソコン」で販売されていたが、今ではウィルス感染をする。

 

 

こんな感じで安全を強化しても、ハッキングされる時はされるので、結局はイタチごっことなる。安全を担保したい人は、みずから安全対策をとり入れるのも1つの策といえる。

 

一応、下記では、実際にできる具体的な安全対策について解説をするので、これらをとり入れてアカウントをガッチリと守ろう。

 

オンリーファンズを安全に利用する具体的な対策

基本、安全対策は OnlyFans のアカウント内で設定できるものばかり。

 

対人間への対策

  • ブロック
  • IPアドレスブロック
  • ウォーターマーク
  • DRMプロテクション
  • 専属チームへの問合せ

 

ブロック

1番手っ取り早いのがブロック。

  1. アカウントにログイン
  2. ファンのプロフィール
  3. ブロック

 

国&IPアドレスのブロック

特定の人物や、流入されたくない国をブロックできる。

  1. アカウントにログイン
  2. 設定(Setting)
  3. プライバシーと安全性(Privacy and Safety)
  4. 安全(Safety)

 

ウォーターマーク

映像にブランド名を注入することで、著作権の主張ができる

  1. アカウントにログイン
  2. 設定(Setting)
  3. プライバシーと安全性(Privacy and Safety)
  4. 投稿(Post)
  5. 透かし(Watermark)

 

DRMプロテクション

ONにすると、動画がコピー&ダウンロードされるのを防ぐことができる。

  1. アカウントにログイン
  2. 設定(Setting)
  3. プライバシーと安全性(Privacy and Safety)
  4. 安全(Safety)
  5. DRMビデオ保護を有効にする

 

専属チームへの問合せ

著作権侵害を発見した場合、下記から「盗まれたコンテンツの報告」でお問い合わせると、専属チームが調査を開始してくれる。

お問合せる

 

ハッキング・サイバー攻撃への対策

  • パスワード変更
  • 二段階認証
  • VPN

 

強固なパスワードに変更する

複雑にすると侵入されにくくなる。

  1. アカウントにログイン
  2. 設定(Setting)
  3. アカウント設定(Account)
  4. セキュリティ設定(Secutiry)

 

二段階認証

パスワード以外に、6桁の数字を取得&入力でログインする。

  1. アカウントにログイン
  2. 設定(Setting)
  3. アカウント設定(Account)
  4. セキュリティ設定(Secutiry)

*別で、[Google Authenticator] のアプリをインストールし、OnlyFansのアカウントと紐付けする必要がある。

 

携帯そのものを守る

携帯のブラウジング中にVPNをオンにしておくだけで強固な安全対策ができる。月額$5ドルほどなので、たった1人分のサブスク購買料金で強固な安全を買える。=VPN

 

まとめ:オンリーファンズの安全性は高い、でも自分の身は自分で守る

OnlyFansのプラットフォーム自体は、安全性はかなり高いといえる。

 

ただし、OnlyFansだけではなく他のプラットフォームと同様に、危険にさらされる可能性はいつでもあることや、相手も常に高い技術を用いて攻撃してくるので、プラットフォームだけの安全対策で不安な場合は、外部からの安全対策をとり入れることも考えた方がよさそうだ。

 

これからOnlyFansを始めてみたい人は、これらの安全性の理解を深めてから、OnlyFansに登録してみてほしい。

 

記事で紹介した強固な安全対策

 

【新規】オンリーファンズ(OnlyFans)登録方法の解説【失敗なし】

続きを見る

 

 

Referances 

=OnlyFansプライバシー

=Facebookハッキング歴

 

error: Content is protected !!

Copyright© JustOnly4Fans , 2024 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.