OnlyFans オンリーファンズ

【オンリーファンズ】ベラ・ソーン参入後になぜ古参が稼げなくなったのか?

 

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by BELLA (@bellathorne)

 

アメリカの女優、モデル、歌手でもある可愛らしい女の子が、オンリーファンズでの失態を機に多くの批判を浴びる事になり、そして古参のセックスワーカーたちが被害を被り怒りを爆発させる事態までに発展。

 

 

オンリーファンズにベラ・ソーン参入で古参が稼げなくなった理由

ベラ・ソーンがオンリーファンズに参入して荒稼ぎをしたことで、古参のセックスワーカーたちの中には収入が3分の1になったとの報告も。いったいなぜなのか?

 

オンリーファンズのポリシー変更

ちょくちょくポリシー変更をしちゃうオンリーファンズさん。ベラ・ソーン事件後にもちゃっかりとポリシー変更を行いました。

 

ポリシー変更内容

・コンテンツ販売(PPV)の金額が無限だったのを$50ドルの上限を加えた

・チップの金額が無限だったのを$100ドルに上限を加えた

 

今までは無制限だった課金システムでしたが、ベラ・ソーン事件後に上限が設定されました。オンリーファンズはこのポリシー変更について「ベラ・ソーンとは無関係」と表明してましたが、逆にベラ・ソーンとの関連性がないのなら、勝手にポリシー変えるなとツッコみたくなる人もきっと多くいたでしょう。

 

古参のユーザーを圧迫するセレブの存在

開設された2016年から今までずっとオンリーファンズを盛り上げてきたのがセックスワーカーたちの存在。しかし今では、後から参入してきたセレブたちに存続を脅かされるてると言う。

 

日本でも一時期話題になった「YouTubeに芸能人が参入すると一般人が太刀打ちできなくなる」といわれてたことと一緒で、多くのセレブたちがオンリーファンズに参入している。しかもその大半が非ヌード、そしてベラに至ってはヌードと偽り2億も稼ぎ出した。

 

ここまでセックスワーカーたちが築き上げてきたといっても過言ではない中、ポリシー変更はするわ、今だにベラ・ソーンをちゃっかり宣伝するわで、セックスワーカーたちが不満を爆発させた。

オンリーファンズ!!なぜこんなことする???ベラのせいでセックスワーカーの収入が減ったんだけど!!

 

オンリーファンがベラ・ソーンを宣伝してることはおかしいと思う。今までオンリーファンズを築き上げてきたセックスワーカーの私たちはどうなの?侮辱するのもいい加減にして!

 

ベラ・ソーンはユーザーを騙したおかげでポリシー変更をされたのに、今だにオンリーファンズは詐欺師のベラ・ソーンを宣伝してるとはどうゆうこと?

 

ではベラ・ソーンはオンリーファンズでいったい何をした?

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by BELLA (@bellathorne)

 

24時間以内に1億、1週間以内に2億

当時22歳のベラ・ソーンは、2020年の8月19日にアカウントを開設し、開設したその日にすでに1億を稼ぎ、1週間後には2億を稼いだと言われている。

 

ベラ・ソーンは、オンリーファンズのサブスク費用を$16.99に設定をし、およそ5万人のファンがフォローしていたみたいだ。

 

ヌードと偽り$200で非ヌード画像を売る

サブスク料金とは別に自身のヌード写真を$200ドルで個別販売した。ここでのポイントは、ヌードとして販売した画像が非ヌードだったことだ。局部はブランケットなどで隠されていたと言われている。

 

ベラ・ソーンからすると "服は着てないから" 完全なるヌード。でもファンからすればブランケットで局部を拝むことはできなかったというオチ。

 

このベラ・ソーンの行動が、ファンを失望させ、返金騒ぎにまで発展させた。

 

写真1:服着てないよと念押してから販売しちゃうベラちゃん

写真2:ほぼ2億近く稼いだ6日後に "完全なヌードはしませんよ" ツイート

写真3:詐欺師ベラのせいで払い戻しが殺到した

 

このように騙し売りしたせいで、ファンがセックスワーカー達の画像・動画販売に警戒心を抱く結果につながったと言われている。

 

完全ヌードではないベラの$14.50 ドルのサブスク料金と$600ドルの動画に払うのであれば、私の$5ドルにサブスクすれば完全ヌードが見れますよ?

 

 

オンリーファンズはそもそも非アダルトプラットフォーム

ベラ・ソーンが非ヌード画像を販売したことは決して違反をしていたわけではない。それに、そもそもオンリーファンズは非アダルトプラットフォームなのだ。

 

皮肉にもセックスワーカーたちの貢献で成り立っていたプラットフォームだったゆえ "エロサイト化" が激しかったが、本来目指してたところはまさしくベラ・ソーンのポジションだったのかもしれない。インフルエンサーとファンが繋がるを持てるプラットフォーム、そして限定コンテンツだからこそ多少のヌードはあり。

 

しかしセックスワーカーなしに語れない

・クリエイターの大半がセックスワーカー

・イメージはあまりにもアダルト色が強い

・今日の認知度はセックスワーカーなしにはあり得ない

 

このベラ・ソーンの騒動で稼ぐのが難しくなったセックスワーカーたちが声を上げたくなる気持ちは大いに理解できる。そしてオンリーファンズもどちらの肩を持つべきが悩んだとことでしょう。

 

しかしオンリーファンズは2021年に、さらにセックスワーカー達を追い込むアクションを起こすことに。

 

アダルト禁止の発表

2021年8月、アダルトコンテンツの禁止の発表をしました。

BREAKING: OnlyFans, after building a successful and safe space for sex workers, is now kicking them to the curb. (セックスワーカーによって成功を収めたオンリーファンズが、今ではセックスワーカー達を追い出そうとしてる)

OnlyFans is banning porn, the company announced today. It’s a surprise move meant to protect its partnerships with banks and payment providers. The platform will still allow creators to post nude photos and videos, but not any “sexually explicit conduct.” (オンリーファンズはポルノを禁止するとのアナウンスが入りました。ヌードは許されるが、ポルノは禁止)

 

このアダルト禁止令の直後、ファンからのもう反発があったり、ニュースに取り上げられるほど話題となり、最終的には撤回される事になりました。

みなさん声を上げてくださってありがとう。私たちは多様性のあるクリエイターを護ため、アダルト禁止のポリシー変更を中断します。オンリーファンズはこれからも全てのクリエイターの場所であり続けます。

 

さて、今現在2022年の動向は?

2022年の今もオンリーファンズはアダルトコンテンツ投稿を認めています。しかし動向としては、非アダルト化に向けて進んでいるのは確かな事実です。その理由は、欧米諸国では非アダルトクリエイターを積極的に登録を促しているから。

 

オンリーファンズは今までで何度もポリシー変更を行なってきた経緯がありとても不安定なプラットフォームだからこそ気をつけてもらいたい。これからさらに非アダルト化が進むにつれ、再びアダルトコンテツ禁止のリスクの可能性は常に付きまとう。Tumblrがそうであったように。

 

海外ではオンリーファンズの動向に疑いを向けてる意見も多数あります。なのでこれからアダルトクリエイターとして参入を考えている人は、まずはこちらの記事を参考にしてから始めてみて下さい。

オンリーファンズでアダルト系は今だに危険?注意点と対策

アダルトクリエイターとしてオンリーファンズに参入を考えられてる人にぜひ読んでもらいたい注意点や対策を解説しています。よかったらご参考に。

詳しくはコチラ

-OnlyFans, オンリーファンズ

Copyright© JustOnly4Fans , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.